『総合就労支援センターCAP』は、様々な理由で就職や働くことに繋がりにくい方々のために、2つの異なる機能と専門性を持つ部門で構成し就労支援を展開しています。事業所は石狩市花川と札幌市西区に拠点があります。 >総合就労支援センターCAPとは

 >BlogTop

2020年8月21日金曜日

5年前1年前



CAPの吉岡俊史です。 
本州では猛暑が続くなか、北海道は少しながらも日中過ごしやすい気温までさがってきました。 
働くためには気力が必要です。気力を持ち続けるためには息抜きも必要、息抜きとは 何でしょうか・・・「息抜き」いわゆる、自分を「リセット」する方法や種類は人そ れぞれですね。 
一人で過ごす時間を確保、気持ちを共有できる友人とたわいのない話しに興じる(愚痴とか?)、何かに没頭する・・。 私は人に悩みや愚痴を聞いてもらったり、自分と人の感じ方や考え方を比べることで 、自然に気持ちがリセットされることがよくあります。外の飲食施設などで長時間話し込む事は何となく難しい今の状況下ですので、自然に残る選択肢として「一人でリセット」する方法をいろいろと試しています。
先日は、何年か前の自分のスケジュール帳をながめて、〇〇年前の今日は誰と会った のかなあと、その日にお会いした人や出来事を思い出していました。これ結構気持ちがほぐれます。人は知らず知らずのうちに、たくさんの人と出会い、話し、いろいろな刺激をいただいているものだなあとあらためて感じました。
皆さんは毎日会う人は何人でしょうか?今やSNSも含めると相当な数の人と言葉や文や画像で交流しているのではないでしょうか・・・時間があったら5年前、1年前「誰とお会いしたか」思い出してみてはいかがでしょうか?楽しい出会いばかりではありませんよね。リセットになるかどうかはその時の状況によりけりかもしれません。もしならなかったらお許しください。あくまで個人の意見でした。 
また気温が急上昇する日もあるようです、皆さまもお身体ご自愛ください。