『総合就労支援センターCAP』は、様々な理由で就職や働くことに繋がりにくい方々のために、2つの異なる機能と専門性を持つ部門で構成し就労支援を展開しています。事業所は石狩市花川と札幌市西区に拠点があります。 >総合就労支援センターCAPとは

 >BlogTop

2018年10月25日木曜日

2018障がい者雇用を通して企業づくりを考えるフォーラムのご案内(コーディネーターを務めさせていただきます)



 中小企業家同友会は、日本の企業の99.7%を占めるとい言われている中小規模の企業団体です。その団体が障がい者雇用を促進するためには、雇用者である企業は何をしたら良いのか、障がい者も就労者も共に満足できる障がい者雇用の形は何かをつきつめるフォーラムを、札幌市の協力を得て毎年恒例で行っております。
今年は、障がい者のための障がい者雇用ではなく、企業や社会にとっても有意義な障がい者雇用を具現化した共生社会づくりを考えます。企業の方はもちろん、支援者、就労を希望する当事者やご家族の方どなたでも是非ご参加下さい。

※詳細についてはフライヤー(PDFファイル149.2KB)ご確認頂けます。