『総合就労支援センターCAP』は、様々な理由で就職や働くことに繋がりにくい方々のために、各専門部門(5つの事業)で構成し就労支援を展開しています。事業所は石狩市花川と札幌市西区に拠点をおいています。このブログからは各事業所の活動や各種情報などをお知らせします。

〚就労移行支援事業所あるば〛 〚就労定着支援事業所あるば〛 〚キャリアセンターINTAS〛 〚石狩障がい者就業・生活支援センターのいける〛

>総合就労支援センターCAPとは

 >BlogTop

 ❖「ご見学・ご相談における新型コロナウイルス感染防止対策について」はこちらにてご確認下さい

 ❖ のいける主催研修 -緊急ミーティング!!-「障がい者雇用の現状をご存知ですか?」

2023年1月7日土曜日

のいける主催研修 ー緊急ミーティングー「障がい者雇用の現状をご存知ですか?」


障がい者雇用の現状・実情について、就労支援に関わる方を対象として、ぜひ共用したいテーマがあり今回企画させていただきました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、いわゆる〝障害者雇用代行ビジネス〟とも呼ばれているものであり、たびたびネットニュースやSNSなどで取り上げられています。

これについては様々な声がありますが、少なからず弊害も出ているという実態もあるようで、地元地域エリアの課題・問題としてではなく、日本の障がい者雇用の土台を揺るがすシステムであると捉え、この実情を就労支援に携わる方々に、正しく理解し、正しく扱うために、本主催研修を通して広く周知していくことを目的として開催することとなりました。

また、ご存知の通り、衆議院の厚生労働委員会での審議が、令和4年11月18日に終結
し、附帯決議の中で「障害者雇用率制度における除外率制度の廃止に向けた取組を行うほか、事業主が、単に雇用率の達成のみを目的として雇用主に代わって障害者に職場や業務を提供するいわゆる障害者雇用代行ビジネスを利用することがないよう、事業主への周知、指導等の措置を検討すること。」として盛り込まれ、適切な措置を講ずるべきであるとなって
います。以下、参考資料となりますので、ご興味のある方はご一読下さい。
<第210回国会閣法第17号附帯決議>
https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Futai/kourou2BDCACF621D4DD51492588FE0022EE99.htm
<DPI日本会議「法定雇用率達成代行ビジネスの現状から障害者雇用の意義と課題を考える」>
https://www.dpi-japan.org/blog/events/20220529-labor-session/

《講演》

特定非営利活動法人 全国就業支援ネットワーク  代表理事      氏 

《開催日時》

202326日(月)16:0017:3015:45より入室可能です)

《開催方法》

オンライン(ビデオ会議ツールZOOMを使用します)

《参加費》

無料

《参加対象》

障がい者の就労支援に携わる方(支援機関・教育機関・相談支援機関・医療機関・行政)

《申込先(お申込み専用フォーム)》

https://www.centercap.org/noikeru/application/

《申込締切》

定員になり次第締め切ります。

《その他》

ご講演後に質疑応答の時間を設けています。


研修会の詳細については下記にてご確認下さい。