『総合就労支援センターCAP』は、様々な理由で就職や働くことに繋がりにくい方々のために、各専門機関(4つの事業)で構成し就労支援を展開しています。事業所は石狩市花川と札幌市西区に拠点をおいています。このブログからは各事業所の活動や各種情報などをお知らせします。
>総合就労支援センターCAPとは

 >BlogTop

 「ご見学・ご相談における新型コロナウイルス感染防止対策について」はこちらにてご確認下さい

2021年7月16日金曜日

「雇用の分野における障害者の差別禁止・合理的配慮の提供義務に係る相談等実績(令和2年度)」を公表

 


厚生労働省は、このたび、都道府県労働局や公共職業安定所(ハローワーク)における「雇用の分野における障害者の差別禁止・合理的配慮の提供義務に係る相談等実績(令和2年度)」を取りまとめ公表しました。

ハローワークに寄せられた障害者差別および合理的配慮に関する相談は246件で、対前年度比3.1%減と、僅かに減少しました。一方、労働局長による紛争解決の援助申立受理件数は12件と前年度の3件から増加、障害者雇用調停会議による調停申請受理件数は5件と前年度の13件から減少しました。

<集計結果の主なポイント>

公共職業安定所に寄せられた障害者差別および合理的配慮に関する相談は246件で、対前年度比3.1%減となった。このうち障害者差別に関する相談は69件で、対前年度比8.0%減となり、合理的配慮の提供に関する相談は177件で、対前年度比1.1%減となった[資料1 表1]。

公共職業安定所が行った事業主への助言件数は54件で、対前年度比28.9%減となり、指導件数および都道府県労働局長が行った勧告件数は、前年度に引き続き、ともに0件となった[資料1 表3・表4]。

労働局長による紛争解決の援助申立受理件数は12件(前年度3件)となった[資料1 表5]。

障害者雇用調停会議による調停申請受理件数は5件(前年度13件)となった[資料1 表6]。

詳細については厚生労働省のHPにてご確認下さい。